1459878人目です。
オンラインユーザー16人
ログインユーザー0人

このサーチボックス経由でご購入いただくと、当研究所の活動資金となります。ぜひご協力ください。
 (ホームページで紹介できる会員の著作物がございましたら事務局までご連絡ください)
 

関係書籍










 
トップページ > 地域振興と水上スポーツ 

地域振興と水上スポーツプロジェクト


本プロジェクトの目的は こちら をご覧ください。
 

本プロジェクトに関わる資料について

イタリアでボローニャ大学が誕生した頃、職能を高めるために学問を修めようと各地から学生が集まり、その学生集団によって形成された学生組合が教授を雇っていたように、ヨーロッパの高等教育における職能育成・専門家育成の発想には、学生自らが学ぶ場を拓くという考え方がありました。
学生は卒業後、自分の地域に戻って学問や産業の発展に貢献したことでしょう。

本プロジェクトは、そのようなヨーロッパの地域振興に関わる教育政策のアプローチを手掛かりとしながら、進めています。

近年では、とくにフランスの地域振興に関わる教育政策のアプローチを参考にしています。
下記の資料の中には、代表がフランスの資料を翻訳したものも含まれます。ご自由にダウンロードしてご参照ください。
 

参考資料

名前
サイズ
更新日
コメント
 

日誌

プロジェクト日誌 >> 記事詳細

2017/11/29

フランス「修業教育」の紹介

Tweet ThisSend to Facebook | by:望月
代表が日本教育実践学会(2017/11/25@佛教大学)で講演したスライドを公開します。

フランス大統領・マクロン氏が
失業率対策の一環として推進する教育政策の一つ「修業教育」。

労働省の資料には、

「1人の修業生を受け入れている57パーセントの企業が、
つぎの2年以内に、他にもう1人の修業生を再雇用している」

とあり、
労働・雇用を伴う職能教育のしくみが、
効果的であることを示しています。

フランス全土の(給与付き)見習い募集中の企業と、
就業・修業希望者とのマッチングサイトもつくられました。
▼マッチングサイト
https://www.lapprenti.com/

地域振興と就業率向上をかけあわせたしくみとして、
一種のモデルとなりそうです。

★ 公開スライド資料(PDF)は こちら です。



12:23 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)