1459876人目です。
オンラインユーザー15人
ログインユーザー0人

このサーチボックス経由でご購入いただくと、当研究所の活動資金となります。ぜひご協力ください。
 (ホームページで紹介できる会員の著作物がございましたら事務局までご連絡ください)
 

関係書籍










 
トップページ > ILDブログ 
会員の近況ニュース >> 記事詳細

2017/11/17

本を使って学ぶための記録手段

Tweet ThisSend to Facebook | by:望月

「本を使って学ぶ」ための重要な方法の一つとして
「記録」を挙げることができます。

記録媒体は何でもよいと思います。
手帳、ノート、日記帳、、、

最近はwebツールも充実しています。
webのツールの強みは、検索しやすいことです。

たとえば、「ブクログ」などは画面に本棚があらわれ、
登録した本をそこに並べながら感想のメモを添えるという、
おもしろい読書日記ツールです(無料)。

主に大学図書館を含め、
公共図書館を利用することが多い人には
「カーリル」もおすすめです。

「カーリル」は、「読みたいリスト」に
読みたい本を登録していけば、縦断的・横断的に
複数図書館で貸出状況を一覧することができますので
図書検索ツールとしても優秀ですし、
読んだ本のメモを非公開で残すこともできます。

自由度の高いデジタルメモが使いたい人は
「Evernote」もおすすめです。
スマートフォンなどで手軽にメモすれば、
インターネットに接続されたPCからでも
メモを確認することができます。(その逆もできます)
容量に限りがありますが、
ある程度までは無料で使うことができますよ。

もちろん、紙媒体で記録を残すこともできます。

ノート記録の利点である自由度の高さが苦手な人には
つぎのような付箋を使うことをおすすめします。

 +++++++++++
キングジム
日記帳 ノリ付きメモ
暮らしのキロク ブック
 +++++++++++

学校の図書館の読書カードのようなデザインの
小さな付箋です。
必要最低限の情報が項目立てられており、
それらに一言ずつメモして、ノートや手帳に貼れば完了です。

例えば参考図書で気になるページに
考えたことなどをメモして該当ページに貼っておくと
レポートを書くときにも学習の記憶が素早く再生されて
よい感じのレポートが書けるかもしれませんね!


12:06 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)