1449078人目です。
オンラインユーザー4人
ログインユーザー0人

このサーチボックス経由でご購入いただくと、当研究所の活動資金となります。ぜひご協力ください。
 (ホームページで紹介できる会員の著作物がございましたら事務局までご連絡ください)
 

関係書籍










 
トップページ > ILDブログ 
会員の近況ニュース >> 記事詳細

2017/11/09

「回診」モデルを適用した教員研修

Tweet ThisSend to Facebook | by:望月
現在、冬の教員研修の準備をしている学校も
多いのではないかと思います。

そこで、最近手に取った書籍から
もしかしたらご参考になるかも!と感じたものを
ご紹介します。

エリザベス・A・シティ
リチャード・F・エルモア
サラ・E・フィアマン
リー・テイテル 著
八尾坂 修 監訳
  「教育における指導ラウンド」
風間書房

どのような内容なのか、
帯の説明が一番わかりやすかったので
下記に引用します。


「医師が使用するメディカルラウンド(回診)
 モデルからヒントを得て、『指導ラウンド
 ネットワーク』と呼ばれる新たな専門的な
 学びの方法を開発。(以降略)」

本書は、帯の最後にもあったのですが
開発した教員の学習モデルを適用し
その中でみられる

「組織的能力を高めるプロセス」

の事例が示されています。

日本は授業研究の歴史が長い国なので、

「こういうことは既に取り組んでいる」

という学校もあるかもしれませんが、
教員コミュニティの成長にフォーカスをあてて
コミュニティづくりの留意点について
わりと詳しく書かれています。

関係書籍を比べて読んでみたい!という方には
本棚にある研修方法関係書籍のコレクションの一つに
加えてみられる価値はあるかな、と感じます。



16:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)