1893588人目です。
オンラインユーザー39人
ログインユーザー0人

このサーチボックス経由でご購入いただくと、当研究所の活動資金となります。ぜひご協力ください。
 (ホームページで紹介できる会員の著作物がございましたら事務局までご連絡ください)
 

関係書籍












 

当研究所では、会員のみなさんの活発な実践研究をサポートできるよう、
会費から研究助成をさせていただいております。

実践結果を広く共有してくださる会員を募集するとともに、
現在非会員のみなさまにも、ぜひ会員としてご支援いただけますと
幸いです。どうぞご協力お願い申しあげます。

   これまでの成果は >> こちらでご確認いただけます。
 

採択研究

2017年度はつぎの研究が採択されました!

2017年度

■ 研究タイトル

「専門学校における初年次教育としての学びの導入に関するテキストの開発」

■ 申請者

 河井 正隆 会員 (明治東洋医学院専門学校)

■ 応募コース

  B (自作の教材やテキストなどの電子出版の支援)

■ 研究目的

 専門学校(鍼灸系専門学校)に入学する学生に対して、学修に関して苦手意識をもつ多くの学生への支援策として、初年次教育としての導入的なテキストを開発し、その利活用により学生の学修を成功に導くことを目的とする。

 
■ 研究方法

1.本校教員養成学科としての取り組みとし、鍼灸系専門学校生を題材として、教員養成学科生がグループ編成を行いそのグループにより執筆担当章を決め執筆活動を行う。

2.具体的な章の案としては、(1)専門学校で学ぶ意義、(2)専門職教育における学びの構え、(3)専門職としての自覚と使命、(4)高校と専門学校との学びの違い、(5)図書室の活用方法、(6)講義科目におけるノートテイキング、(7)実技・実習科目における心構えや学びのPoint、(8)Report作成の心構えと作成Point、(9)臨床実習の心構え、(10)暗記のススメ、(11)問題解決のススメ、(12)プリント活用術など。

3.執筆活動においては、平成29年度生11名から平成30年度生へと引き継ぐ。

 

協力してくださるかた

  
       ※ プレゼントの本は数に限りがあります。ご了承くださいませ。

学習開発研究所の会員になっていただきますと
その会費の一部が会員の研究助成として運用されます。

賛助会員コースもございますので、
助成基金へのご協力をよろしくお願いいたします。

なお、ご入会いただきましたご本人も、
助成基金に申請していただけますので、
ふるってご応募ください。

  >> 入会する
 

地域振興と水上スポーツ

京都レッツラーン大学校はこちら

マクロンによる修業学習
  リンク先を変更しました

21世紀の高等教育をボローニャ・プロセスに学ぶ会
 


プレゼント
 
    ご入会特典    
guidebook
 

■ PDFファイルについて

このサイト内で公開されるPDFファイルを読むためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
下のロゴをクリックするとダウンロードできます。
getreader.gif


※ 既にAdobe Readerをお持ちの方で、当研究所で公開しているPDFファイルをご覧いただけなかった場合は、大変お手数をおかけしますが、上記のロゴから最新のAdobe Readerを再インストールしてください。