2046333人目です。
オンラインユーザー9人
ログインユーザー0人

このサーチボックス経由でご購入いただくと、当研究所の活動資金となります。ぜひご協力ください。
 (ホームページで紹介できる会員の著作物がございましたら事務局までご連絡ください)
 

関係書籍












 

当研究所では、会員のみなさんの活発な実践研究をサポートできるよう、
会費から研究助成をさせていただいております。

実践結果を広く共有してくださる会員を募集するとともに、
現在非会員のみなさまにも、ぜひ会員としてご支援いただけますと
幸いです。どうぞご協力お願い申しあげます。

   これまでの成果は >> こちらでご確認いただけます。
 

採択研究

2020年度 ILD研究助成事業 採択決定について


2020年9月10日
特定非営利活動法人 学習開発研究所

■ 研究タイトル
「micro:bitによるタブレット端末を利用した小・中学校向き計測・制御教材の開発」

■ 申請者
 代表者   稲川 孝司 会員 (帝塚山学院大学)
 共同研究者 喜家村 奨 (帝塚山学院大学)

■ 研究目的
 新教育課程では、小・中・高の全てにおいてプログラミング教育が行われる。そのための教材としてのmicro:bitの可能性を研究する。
 micro:bitは、プログラミング言語としてブロック型からJavaScriptさらにPythonに至るまで広範囲な言語をサポートしており、ブラウザーのみで動作可能であるが、小・中・高でのプログラミングの授業内容を網羅するためには、統一的なカリキュラムや教材が必要になってくる。
 そこで、子供たちが興味を持つライントレースのmicro:maqueenとNeopixelのフルカラーLEDを実際にmicro:bitに接続した計測・制御の授業教材と指導案を研究・開発し、一般に提供する。

■ 研究方法
 文献研究、事例研究、調査研究、実践研究

■ 研究計画の概略
  • Neopixelを使った教材開発
  • 小・中・高での児童・生徒に対する授業実践
  • 教員研修での実践
  • 学会発表
 

協力してくださるかた

  
       ※ プレゼントの本は数に限りがあります。ご了承くださいませ。

学習開発研究所の会員になっていただきますと
その会費の一部が会員の研究助成として運用されます。

賛助会員コースもございますので、
助成基金へのご協力をよろしくお願いいたします。

なお、ご入会いただきましたご本人も、
助成基金に申請していただけますので、
ふるってご応募ください。

  >> 入会する
 

地域振興と水上スポーツ

京都レッツラーン大学校はこちら

働きながら学ぶ
[2020/10/12]
「マクロンによる修業学習」を
「働きながら学ぶ」に
リニューアルしました

21世紀の高等教育をボローニャ・プロセスに学ぶ会
 


プレゼント
 
    ご入会特典    
guidebook
 

■ PDFファイルについて

このサイト内で公開されるPDFファイルを読むためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
下のロゴをクリックするとダウンロードできます。
getreader.gif


※ 既にAdobe Readerをお持ちの方で、当研究所で公開しているPDFファイルをご覧いただけなかった場合は、大変お手数をおかけしますが、上記のロゴから最新のAdobe Readerを再インストールしてください。